blog > 競馬 アーカイブ

2004年11月27日

札幌から負馬編集長が遊びにきてくれたー。昨日は行ってみたかった愛染横丁で飲みにいって、今日は地元競馬場へ1Rから見たぞ。超強風の中、キャミはかな~りあおられつつ高速を走ったので怖かったぁ。でもなんと、競争不成立はあるは、強風で途中で中止となるは、馬券は当たらないはで散々…(涙)。でもまぁ編集長と楽しめたのでよかったでしょう。
でも給与締め日と振込日が離れているので、今お金がなくて厳しー。とほほ。G1もなかなか当たらんし。

2004年5月17日

昨日のテレグ&勝浦の2着の余韻が残ったまま、行かずにはいられないと思い、ちょっくら抜け出し、勝浦を見に行ってきました。着いたとたん、ちょうどパドックが始まった所でラッキー、と思いつつ、大雨で不良の状態でしたがデジカメ片手にがんばって追いかけましたが、ブレるブレる…。それはともかく、勝浦と中館騎手の楽しそうな会話も遠くから見えたし、ひさびさに2レースも生で見れたのでそれはそれで楽しかったです♪

2004年3月23日

ハルウララでも武豊でも宗石調教師でもなく、パドックでハルウララと歩いていたあの厩務員くん!彼に目が行ったのは私だけでしょうか。吉川さんの本に出ていたあの若い厩務員くんだよね、きっと。なんか前と雰囲気が変わったんじゃないの!?ちょっと立派になったというか、成長したというか、ほんの数秒だけどテレビからそう感じ取られたのです。これだけの騒ぎの中で、彼もこれまで思うところはいっぱいあったでしょう。その中で生きてきて、ちょっぴりですが彼のそういう成長した姿を見て、不思議なことに私も「がんばってみよう」という気持ちがふつふつと出てきたのです。
映画は来春かぁ。

2004年1月30日

キャミちゃんが15000キロになった今週、吉川さんの新刊「高知競馬のハルウララ」を読みました。偶然本屋で、ピンクの表紙が目に入ってきて、「吉川良」の名前を見たときは、思わず「おぉー!」と思って即買って来ました。
ハルウララ、今じゃアイドル並みに人気ですが、彼女の調教師、厩務員の人生を読むと、思わず涙が出てしまいました。あんなに騒いでいるけど、ほんとの所はどうなんだろうね、ハルウララも調教師たちも。何のためにこれまで走り、そして馬主さんは走らせるのか。人間不信で極度の臆病で怖がりのハルウララの世話をし育ててきた厩務員さん。馬も人も本当のところはどういう気持ちなのか…。考えれば考えるほどなぜか涙ぐんでしまうのです。。。近いうちにもいっかい読んでみよ~~

2003年12月11日


競馬はさっぱり当たりません。
ですが、キャミに新しい仲間を乗せました。テレグです。
あんなにいっぱいあったテレグのぬいぐるみ、まだ買わなくて大丈夫だと思ったらすでにラスト1個。売れたのか、はたまた返却されたのかはわかりませんが、最後のテレグをゲットできたので良かったです♪香港マイル、がんばってー!
しかし、競馬の世界は奥深いです。競馬業界の本を読んでいると、何事も若いうちに限るな、とつくづく思います。大学生のときの彼氏の影響でダビスタを始めて競馬に興味を持ったのですが、もっと競馬場に足を運んでいろんな影響を受けていたらその関連する道に希望する可能性もあったかもしれない、な~んて思ったり…。
騎手はすごいよね。もう中学生のうちに将来の仕事決めるんだもんね。。。勝浦くんのデビューと私の函館時代、微妙に重なってるのよね。競馬場に見に行ったとき実はいたりしてね。
しかし、結婚してたとは・・・(涙)

Bookmark RSS

HorseRacing RSS

HorseRacing Book


野望あり[マス]


ペリエ騎手初の自伝ですね。




真相 ディープインパクト、デビューから引退まで今だから言えること [競馬王新書9]


ディープに弱点が明らかに。


挑戦!競馬革命 (宝島社新書 258)


こういう人が上司だったよいのに。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

カテゴリー

アーカイブ

copyright © steppin' now